Marché naturel

 

和の装い 着物

日本では江戸時代までは、着物は一般的な装いですが、身分の違いなどで多少の違いはあったようです。

そのデザインのなかに連続した模様、パターンワークがあります。

これらは、紙の型紙で染めたものです。

沖縄の紅型もそうです。

このようなパターンワークは、ヨーロッパではイギリスのウィリアム・モリスが

壁紙としてデザインし、販売しています。

 

■着物      
 
「だいやす」プレタ江戸小紋(袷)    
 
「だいやす」プレタ江戸小紋(袷)    
■帯      
   
「ギャラリー凛」インド刺繍名古屋帯 紫花唐草    
■履物      
 
「衿秀×七緒」刺繍鼻緒晴雨兼用草履    
■上着・雨支度      
   

「itonosaki」カシミヤニットロングカーディガン