Marché naturel

 

遺伝子検査でわかるアルコール体質

アルコール感受性遺伝子検査

アルコールにまつわる疑問を解決!
お酒は鍛えれば強くなる?お酒の強い人は依存症にならない?
アルコールに関する「常識」「風潮」は本当に正しいのでしょうか?
一人一人の酔っ払いやすさ、二日酔いのなりやすさなどは、かなりの程度、遺伝的体質で決まります。

そして上記のように、お酒に対する体質は、検査しなくても飲めば分かるのではと思われる方が多いのではないでしょうか?それは、大きな間違いです。
若い方は、飲酒の経験も、アルコールの知識も少なく『お酒とは、飲んだら誰もが酔ってしまう』と思い込んでいる方は多いと思います。
その結果『なかなか酔わないなぁ~』とピッチをあげ、急性胃炎のため吐血したり、最悪急性アルコール中毒のため『死』に至る事の例も数多く報告されています。

※1)東京都内において急性アルコール中毒で搬送された人数は1万1357人に上ります。
その大半が20代の若年と未成年で占められ、大学の新歓コンパなど一気飲みが原因と言われています。
※1)平成20年度東京消防庁のデータより

遺伝子のタイプを知ると、
飲酒継続による病気のリスクがわかる!

人間の持つアルコールに対する感受性(酔っ払いやすさ、お酒の残りやすさ)は、主に2つの遺伝子(ALDHとADH1B)で決定されます。こちらを検査で調べます。
自身のアルコール体質を遺伝子レベルで知ることにより、単にお酒が強い(飲める)、弱い(飲めない)を判断するだけでなく、「どんな体質なのか?」を理解し、「飲酒による健康障害のリスク回避」に役立てることが大切です。


アルコール感受性遺伝子検査の手順

STEP1:キットを購入
STEP2:付属の綿棒でほほの内側(口腔粘膜)をこすります。
STEP3:採取した検体と、同意書を専用の封筒に入れて投函。
STEP4:検体が分析センターに到着後、約15営業日で結果が送られます。

アルコール感受性遺伝子検査はこちら
『アルコール感受性遺伝子分析キット』