マルシェナチュレル ホーム

ふるさと納税の寄付の方法

 

    ふるさと納税は、現在住んでいる自治体以外で自分が応援したい自治体(市町村)にお金を納める制度です。
    
    しかし、税金ではありません。正しくは寄附金です。
    
    寄付することによって、金額に応じさまざまな「返礼品」が送られてきます。
    
    さらに、確定申告や、源泉徴収などで税金を納める場合、寄付する金額に応じて納税額が少なくて済みます。
    
    これを税金の控除といいます。
    
    ふるさと納税で寄付することによって、2,000円を超える額について、個人の年収に伴った控除額の上限内で
    
    税金の控除をうけることができます。
    
    ですが、税金が非課税の人や控除額の上限を超えたふるさと納税はすべて個人負担となります。
    
    また、自治体だけでなく、自治体が認めた特定の活動に寄付することもできます。
   
    
     
     
  確定申告をする人
     
     1.所得税の控除(還付)
     
   【ふるさと納税(寄附)-2,000円】×所得税率(所得金額によって0~45%)
  
   10,000円を寄附し、所得税率が10%の場合は800円が還付されます。

   なお所得税率は課税される所得金額によって異なり、

   10%の税率が適用されるのは所得金額が195万円を超え330万円以下の場合です
  
  2.住民税からの控除(基本分)

  【ふるさと納税(寄附)-2,000円】×10%
 
  10,000円を寄附(納税)した場合は800円が住民税から控除されます

  3.住民税からの控除(特例分)

   【ふるさと納税(寄附)-2,000円】×【100%-10%(基本分の税額控除)-所得税率】

    10,000円を寄附(納税)した場合は6,400円が住民税から控除されます


  確定申告をしない人
   
   ワンストップ特例制度
   
   寄付をした所得が確定申告する必要がない人で、
   
   ふるさと納税をする自治体が5つまでの場合はワンストップ特例制度があります。
   
   
  ふるさと納税をする場合、返礼品や応援したい自治体を選ぶには、さとふるふるさと本舗Wowma!ふるさと納税  などのウエブサイトを使うと便利です。
  
  また、ふるさと納税控除上限額を知りたい場合は、ふるさと納税控除上限額シミュレーション
 
 で計算することができます。