マルシェナチュレル

 

 

不明な体調不良は電波が原因かもしれない

 病気とは思えないのに体調がすぐれない、肌がチクチクしたり、発疹が出たりする…得も言われぬ不安感にさらされる。
といったことはありませんか?次の様な症状に心当たりがあるならそれは電磁波の影響かもしれません。
発疹、皮膚のヒリヒリ感、灼熱感、疲労感、集中力の低下、めまい、吐き気、動悸、消化器の障害
これらの症状に心当たりがあったなら、電磁波の影響による健康被害の可能性が高いと考えられます。
また、頭痛・耳鳴り・不眠などの症状があって病院に行っても悪いところはなく、原因不明と言われたことはありませんか?
その場合は“低周波音”による悪影響の可能性もあります。
近くに、ダム、発電用などの大きい風車、発電施設のあるような大きな工場などはありませんか?
低周波音が発生している可能性が考えられますので、一度測定してみてはいかがでしょうか、解らなかった原因がはっきりする かもしれません。

 

電磁波・低周波音の測定は「さくら幸子探偵事務所 」がおこなっています。

 

電磁波過敏症

 

電磁波や電磁場の影響で上のような症状がでる現象について、アメリカの医学者であるウィリアム・レイが電波過敏症と名づけました。
電波過敏症は科学的な根拠がないとする意見もあります。
しかし現実には宮崎県延岡市で訴訟となった、マンション屋上に建てられた携帯基地局の場合、周辺住民に耳鳴りや鼻血、頭痛、不眠などの症状が苦しむ人が多数でたのです。
しかし、 国や携帯会社は因果関係を認めなかったのです。
電磁波過敏症は症状に個人差があります。
国際的な研究では症状には個人差があり、その症状の重さにも差異があり、ある人にとっては生活を一変させる原因になるといってるのです。電磁波過敏症を病気と認定している
その原因も送電線や携帯基地局などがあげられています。京都府に設置されたXバンドレーダーを懸念する人もいます。
いづれにせよ国は電磁波の強さによう防護指針があるといっていますが、実際はいろいろ症状のある人がいるのです。
電磁波の影響は外の発生源もありますが、家の中にも発生源があります。
特に頭に接触して使う携帯電話の影響を懸念する人もいます。
次の動画は携帯電話でステーキを焼いているところです。このくらい電磁波がでているのです。
ちなみにマイクロ波を使う電子レンジはロシアでは使用禁止です。
IH調理器もかなり電磁波を出しているようです。アメリカなどではほとんど普及していません。

 

アメリカの電波望遠鏡の村が電磁波過敏症の人のメッカに

 

世界で最も感度の高い電波望遠鏡がある米ウエストバージニア州グリーンバンクというところでは、 わずかなエネルギーの電波信号をとらえる性能のある電波望遠鏡のために、半径16キロの地域では、携帯電話はもちろん テレビのリモコンなども禁止または制限されています。
ここが電磁波過敏症の人メッカとなって多くの人が移り住んできてるといいます。移住してから症状が消えてひとがいるそうです。

最新記事